アジェンダ・プロジェクト・京都

アジェンダ・プロジェクト・京都のブログです。 日々の活動、今後の活動予定、作成したビラなどをアップしていきます。

5月7日 ムヒカ前ウルグアイ大統領の言葉に学ぶ

5月のアジェンダプロジェクト京都の学習会のテーマは、前ウルグアイ大統領のムヒカ氏の言動を取り上げました。
2012年の地球温暖化問題を話し合う国連の会議における発言が注目を集めたムヒカ氏は、昨年の退任とその後の著書の売り上げとともに日本において「ブーム」を起こしつつあります。
学習会では、先日放送された民放の番組を視聴し、著書の中の言葉を抜粋する形でムヒカ氏の言動の理解に努めました。
その発言は、格差の拡大とそれを是正しようとしない為政者や、経済成長の追求と温暖化防止の両者を追い求める「国際社会」などを批判してきましたが、そういった政治的発言よりも、日本においては氏の生き方(生活スタイル)や「人生哲学」が受けているようです。
左翼ゲリラとして投獄され、拷問を含む監獄での過酷な日々を経て大統領となったムヒカ氏の半生は壮絶であり、発言にも一定の説得力をもたせています。
世界でいちばん貧しい大統領」と紹介されるムヒカ氏は、こう反論します。

「私が思う『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、いくらあっても満足しない人のことだ。でも私は少しのモノで満足して生きている。質素なだけで、貧しくはない」

氏は大統領の歳費の9割を受け取らず、豪華な公邸に住むことや公用車を使用することを拒否しました。
こうしたことは、権力を持つ政治家の行動としてはかなり珍しいことであり、評価に値するものだと思います。
今の日本において、脱成長の考えや市場原理主義への批判を多く含むムヒカ氏の言動が注目を集めている背景には、経済成長を前面に打ち出す「アベノミクス」や莫大な資産を保有する政治家への反発という側面もあるのだと思います。


muhika



















==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================
 

4月24日 学習会 「アジェンダ」52号 原発のない未来をつくる!

4月24日、アジェンダプロジェクト京都の定例学習会を行いました。
今回は「アジェンダ」の最新号から2つの論稿を取り上げました。
福島原発事故から5年が経ちましたが、未だに多くの避難者をかかえ、廃炉に向けた作業、汚染水対策など多くの問題を残したまま、事実の風化は進んでいます。電力各社は原発の再稼動に向けて
5年の歳月は
避難の権利を求める全国避難者の会を設立した宇野朗子さんの論稿。
原発事故の結果、福島を中心に多くの方が各地に避難していますが、政府の方針は、避難区域を縮小していき「避難者ゼロ」を目指すものです。福島に帰還した人たちへの支援を重視し、それ以外の人たちへの賠償の打ち切りがはじまっています。
それが意味するものは、原発事故と長期低線量被ばくの中に人々を捨て置くことや、適切な補償と支援の不在による被災者の生活破壊です。
「避難の権利」とは、放射線量が高い地域において避難の選択を可能とする補償と支援、そうした地域でできるだけ被ばく影響を受けずに居住するための補償と支援をうける権利を謂います。
これが確立され、避難者が帰還を迫られることがないようにしていかなければなりません。

もう一つは福島の子どもたちに小児甲状腺がんが多発していることを報告した、宗川吉汪三の論稿。
政府や多くのマスコミは事実を認めようとしませんが、福島県が行った県民健康調査の結果は事故の影響により甲状腺がん増えていることを明らかにしています。
詳しい内容は本誌を読んでいただきたいのですが、がんが原発事故によるものであることが認められることで補償の要求も可能となります。小児甲状腺がん以外の病気についても調査を強く要求していかなければなりません。


次回
日時   5月7日(土)14:00〜
テーマ  ウルグアイ元大統領・ムヒカ氏のビデオ鑑賞と絵本の解説
場所   アジェンダプロジェクト事務所

==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================

 

4月10日 署名活動&学習会 電力自由化 原発再稼働をめぐる情勢

4月10日、近鉄「東寺」駅前で、アジェンダ・プロジェクト京都の署名活動を行いました。戦争法廃止を求める統一署名です。ビラを配り、署名への協力を呼びかけました。署名数は、既に500万筆を超えているそうです。

署名活動の後、定例学習会がありました。
テーマは電力自由化についてと、原発再稼働をめぐる情勢。簡単に内容を紹介します。

4月1日から電力の小売り全面 自由化が始まり、一般の家庭でも電力会社を選べるようになりました。新電力から次々と料金メニューが発表され、安さやサービスに注目するものが多いなか、今後、再生可能エネルギーを重視する電力会社にどれだけ振りかえられるかが重要になります。しかし電力小売り営業指針では、電源構成などの情報開示について「望ましい行為」とされていて、開示は義務ではありません。このため、それぞれの新電力が再生可能エネルギーの発電設備からどの程度調達しているのか、一般消費者には分かりにくくなっています。限られた情報の中、どの新電力が再生可能エネルギーを重視しているのか、関西地方では実際にはどこに乗り換えればよいのかについても考えました。再生可能エネルギーを重視している新電 力であっても、足りない分を確保するために、卸電力取引所からの調達(買った電気は通常どこの電気か分からない)の割合も多い新電力もあり、現実的には、再生可能エネルギーから調達したくても現状では再生可能エネルギーの発電設備自体の割合が少なく調達が難しいのではという側面も見えてきました。今後、再生可能エネルギーの発電所をさらに増加させていく必要があります。

その後、原発再稼働をめぐる最新の情勢についても確認しました。福島原発事故の被害が続いている中で、電力会社・原子力ムラの利益のために住民の安全を犠牲にした再稼働・原発維持。原発輸出で巨額のカネを動かす原発メーカー。原発にたまり続ける使用済み核燃料。問題だらけです。



==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

========================== 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ