アジェンダ・プロジェクト・京都

アジェンダ・プロジェクト・京都のブログです。 日々の活動、今後の活動予定、作成したビラなどをアップしていきます。

憲法に関するDVD鑑賞と学習会

12月13日、アジェンダプロジェクト京都の定例学習会を行いました。
今回は、憲法をテーマにDVD鑑賞とそれを基にした意見交換をしました。
弁護士で伊藤塾塾長の伊藤真さんが、日本国憲法の核心的な意義とそれを変更しようとしている自民党の改憲案を批判する講義形式の作品です。
伊藤さんは、憲法の核心は立憲主義にあると言います。
これは伊藤さんの学生時代にも学ぶことが無かったようで、学習会の参加者も大学で教わったことが無かったという人が多数でした。
意図的かそうでないかは分かりませんが、日本の大学生は法学部生であっても立憲主義を知ることは少ないのかもしれません。
立憲主義とは、憲法が国・為政者を縛り、彼らがそれを守ることを義務づけるもので、私たち市民がそれを守るものではないということです。
基本的人権や平和のうちに生存する権利など、人類が歴史的に勝ち取ってきた普遍的な権利が、時の政府の政策によって奪われることのないように、憲法に明記しています。
このような憲法の性格を根本から変えようとしているのが自民党の改憲案です。
99条の憲法遵守義務は、天皇や為政者に課せられていますが、自民党の改憲案ではそこから天皇と摂政を外し、新たに「国民」を追加しているのです。さらには、10の義務を「国民が守るもの」として追加しています。
これは憲法の立憲主義の否定に他なりません。
他にも、9条や13条と言った憲法の中核的な条項にも手を付けていますが、詳しくはDVDをご覧ください。
衆院選の投票が終わり、自民党の圧勝が予想されています。こんな中でこそ、改憲への反対を強く訴えていかなければなりません。



学習会の前には、久しぶりに川端七条で署名活を行いました。

画像-0375




















高浜原発の再稼動反対を求めるもので、福井県知事に送付されます。
ご協力いただいた方々、ありがとうございました。



==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================

米軍Xバンドレーダー基地建設の中止を要請

11月10日に、米軍経ケ岬通信所の建設中止等を求める要請書を、内閣総理大臣、防衛大臣、防衛省近畿中部防衛局、京都府知事、米軍経ケ岬通信所に送りました。
現地では建設が強行されていますが、反対の声を上げ続けていきたいです。


PB100475




















==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================



11月2日 中嶌哲演さん講演会

11月2日、アジェンダプロジェクト主催の学習講演会、「小浜市民はいかにして原発を拒否してきたか」を行いました。
講師は地元の住職で反原発の活動家である中嶌哲演さんです。
GEDC2127


















60年代後半から高浜、敦賀、美浜など若狭湾周辺に原発の立地が進められ、それは小浜にも及びました。中嶌さんら宗教者のみならず、労組や漁協、部落解放同盟などが結束し、政府、電力会社の圧力をはねのけて原発建設を阻んできました。
今回の講演は、その粘り強い運動の成果を聞き、共有し、今後の運動につなげていくことが大きな目的です。
中嶌さんは、具体的な運動の手法を話してくれました。60年代からガリ刷りのビラを地区の住民に配り続けたこと、小学校や公民館を借りて勉強会を行ったこと、勉強会のテキストとして使ったのは膨大な新聞の切り抜きだったことなどです。中でも新聞の切り抜きは、系統的に問題点を抽出することを可能にし、それを通じてメンバーは原発に反対する立場を強固にしていったということです。
署名活動も活発に行われ、72年には市民の過半数を超える反原発の請願書名が集まりましたが、市議会はそれを不採択にしました。中嶌さんは、この民意を踏みにじる議会の姿勢を現在の国会と比べ、40年経っても何も変わっていないと訴えました。
GEDC2131



















こうした議会の状況を中嶌さんらは、ビラ中で詳細に報告し、デモでは誘致派の議員の基盤地区でアピールをするなど、様々な手法で反対運動を続けました。
70年代に行われた県政津反対の闘いは、いずれも市長の誘致断念声明を勝ち取りました。
原発立地を諦めた政府や地元の誘致派は、90年代から放射性廃棄物の中間貯蔵施設建設を目論みます。
中嶌さんたちは、署名活動とともに小出裕章氏を招いた大規模な講演会を行い、反対の機運を盛り上げていきました。結局貯蔵施設の誘致も失敗に終わります。
このように、60年代から5度にわたる核施設の誘致の動きをつぶし、現在に至っているのです。
講演の資料には運動の中で作られ、配られた様々なビラや機関誌、署名用紙などが綴じ込まれました。
これらは原発建設に抗い続け、勝利してきた小浜市民の闘いの記録です。
講演後半の質疑応答では、運動の中で意見の相違をどう乗り越えたのかという質問に対し、原水禁運動の分裂に話が及びました。それは、理論に熱を上げる都市部の人たちの動きであり、直接被害を被る地元の人々はそのようなことにエネルギーを注ぐだけの暇はない、「小異を捨てて大同につく」ということばの通り社共や宗教団体が一致団結して闘ってきた。中嶌さんは最後に、地方で作られた電気を使い恩恵を受けてきた都市部の人々が原発に反対するー当面の課題としては再稼動に反対する運動の先頭に立ってほしいと熱っぽく訴えられました。
小浜の運動を継承し、脱原発を実現していかなければなりません。


==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ