アジェンダ・プロジェクト・京都

アジェンダ・プロジェクト・京都のブログです。 日々の活動、今後の活動予定、作成したビラなどをアップしていきます。

3月14日 矢部宏治著「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」の学習会

3月14日、アジェンダプロジェクト京都の定例学習会の日です。
今回は矢部宏治さんが著した「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」の学習会をしました。
矢部宏治さんは、ベストセラーになった孫崎享さんの「戦後史の正体」を出した、「戦後再発見双書」の企画&編集総責任者です。
本書の紹介文では、

「なぜ戦後70年たっても、米軍が首都圏上空を支配しているのか。
なぜ人類史上最悪の事故を起こした日本が、原発を止められないのか。
なぜ被曝した子どもたちの健康被害が、見て見ぬふりされてしまうのか。」

と書かれてあり、戦後日本の政治・経済がいかに大国アメリカにコントロールされてきたかを暴く内容となっています。

全ては報告できませんが、核心部分を抜粋すると、

日本の権力構造は

密約法体系>安保法体系>憲法法体系

という図式になっており、米国と交わした密約が最上位に来て、市民の権利を守るための憲法が下位におかれてきたとしています。

そのことは、米軍が日本のいかなる法令にも縛られないことにあらわれています。

具体的には「砂川裁判」最高裁判決(59年12月)があります。

これは、在日米軍については日本の憲法が機能しない治外法権状態を認めた判決で、三権分立を否定、つまり完全な憲法違反を最高裁が行ったものです。

原子力の分野にも同様のことがあり、日米原子力協定では、日本側がどのように脱原発を主張しても米国の意向を受けないとそれが実現できないことが書かれている、と著者は述べています。

このような状況を受けて、著者は憲法をまもるのではなく、より能動的に改憲派の策動に反対するための行動として、「憲法を良く変える」ことを目指すべきだと主張します。

原発についてはあまり言及が無く、今後出される続編に書かれるようです。





次回以降

4月5日(日) 14:00から

学習会 安倍内閣の安保政策まとめ

場所 アジェンダプロジェクト事務所


4月18日(土) 14:00から

学習会 「アジェンダ」48号 から

場所 アジェンダプロジェクト事務所


==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================



3・7 バイバイ原発京都集会に参加

毎年行われているバイバイ原発集会が円山野外音楽堂において行われました。
途中から雨が降り出す状況の中、2000人の人々が結集しました。
集会の最初では、避難者からの訴えとして福島の障害当事者である鈴木絹江さんが発言しました。
福島県田村市で障害者支援の事業所を運営する鈴木さんは、原発事故後、京都に移住することを決め、そのつらさや事故を起こした東電、政府の対応への怒りをあらわにしました。


P3070550



















P3070553





















続いて登壇した福井の松田さんは、高浜原発の差し止め訴訟について発言し、裁判所は大飯に続いて英断をくだすだろうと力強く訴えました。
講演はおなじみの小出裕章さん。東電、政府をはじめ、福島原発事故を引き起こした責任者が今に至るまで誰一人として法的な処罰を受けていないことを厳しく批難しました。そして彼らを収監すべきだという発言には会場から大きな拍手が起きたのです。
講演のあとに恒例となった政治派アイドルグループの歌唱会があり、デモに繰り出しました。

降りやまない雨の中、市役所まで再稼働反対、値上げ反対などをさけびました。
原発事故から4年、時計の針を逆戻りさせてはなりません。


次回

3月14日(土) 14:00から

テーマ:矢部宏治・著「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」の学習会

場所 下京いきいき市民活動センター 別館1階 会議室102


==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================



2月15日 タックスヘイブン学習会

2月15日、アジェンダプロジェクト京都の定例学習会を行いました。
今回のテーマは、タックスヘイブンです。
ヘイブン( haven) の意味は「避難港」「安息所」で、税金が安い、もしくは全くかからない地域です。
ほかにも固い秘密保持法制があり、金融規制やその他の法規制が欠如していたり、資産を隠したりそこに会社を作って資産を運用したりする大企業や大富豪にとって非常に都合がいい場所です。
このタックスヘイブンを利用して、様々な犯罪行為や世界的な経済危機を招くようなファンドが生み出されたりしており、大きな問題になっています。

タックスヘイブンには大まかに言って、カリブ海にある島のグループ(ケイマン諸島、バハマ、バミューダ、ブリティッシュ・バージン・アイランド(BVI)等)、王室属領( ジャージー、ガーンジー、マン島)、大都市部(ロンドン(シティ)、デラウェア州、スイス、ルクセンブルクなど)の三つのグループがあります。

こうした世界各地に存在するタックスヘイブンによって、数十兆ドルもの資金が課税を逃れているというデータがあります。こうしたことで、最もしわ寄せが来るのが中・低所得者層で、税金逃れによって国の財政が逼迫し、福祉など社会整備に必要な予算が削られることになります。

こうしたタックスヘイブンを取り締まろうという動きは早い段階から始まっていますが、なかなか実効性を持った取り組みが行われていないのが現状です。

トービン税やEUの金融取引税など、タックスヘイブンを利用したマネーの動きに規制をかけるものの他に、FSB(ファイナンシャル・スタビリティ・ボード)などの国際組織の強化も重要です。

税金逃れは許さないという大きな潮流を作り出し、タックスヘイブンに法の網をかけていかなければなりません。


次回

3月14日(土) 14:00から

テーマ:矢部宏治・著「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」の学習会

場所 下京いきいき市民活動センター 別館1階 会議室102


==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================





    

    

     

           


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ