8月13日、アジェンダ京都の学習会が行われました。
テーマはアジェンダ53号「民主主義を考える」です。


13407169_1110480332345375_8041093515182041383_n







 


















安部内閣の様々な施策によって「民主主義の危機」がさけばれて久しいですが、その安倍を支えているが圧倒的な議席数であり、それは国の制度上で最も民意を反映させる選挙制度によってもたらされています。私たちは選挙を重視し、そこでの闘いを進めることと、選挙後も様々な制度を駆使して政府に対抗していかなけばなりません。

学習会では、中野晃一さんの「少数派支配を覆す共通軸は「個人の尊厳を擁護する政治」」と伊藤真さんの「選挙制度と民主主義」をとりあげました。

安倍内閣によって加速する右傾化動きを分析すすとともに、それにどう対応していったらいいかを述べています。

中野さんによると、安倍内閣を生み出し支えている「新右派連合」の基盤は、国家保守主義と新自由主義があります。
国家保守主義は「国のために身を捧げろ」という論理であり、それは新自由主義の「国家に面倒を見てもらうな」という考えとともに個人(一部のエリートを除く)を切り捨てるものです。

今回の参議院選挙でも自民党が圧勝しましたが、こうした流れに対抗するためには何が必要か。
野党共闘で前回の参院選(13年)の2勝29敗から11勝21敗へと一定の成果を上げています。

自分たちが自民党とどう違うのか、対立軸をさらに明確させること。
リベラル派と左派の連合を強固にするための共通軸として「個人の尊厳を擁護する政治」と「個人の尊厳ある暮らし」を守るための政策が必要だとしています。
具体的には労働規制、再分配、福祉の充実などがあげられるが、自公も同様の主張をしており、違いを明確にさせることが必要になります。

様々な課題がありますが、民主主義を深化(進化)させていくために日々の生活の中から取り組みを続けていく必要をあらためて感じました。

==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================