11月26日(土)の講演会の報告をさせてもらいます。
私たち、アジェンダプロジェクト京都と京大のピースナビの共催で行われた
「原発安全神話の語り部たち」は100名以上の参加者で会場は埋まりました。

最初にお話いただいた日隅さんは、大手メディアの批判とこれからの市民メディアの可能性を
追求することに主眼を置いたものでした。
政府が出していた100ミリシーベルト以下は安全との評価を批判したこと、それへの大手メディアの追及が
ほとんどなかったこと。大手メディアがなぜ政府に対して批判的な姿勢をとれないのか、海外との比較、
またメディアや政府に対する私たち市民の役割の大きさなどを講演されました。

つづいて荻野さんのお話があり、チェルノブイリ事故後の健康被害の状況や
福島原発事故後の政府の対応の批判などについてお話があり。
メディアや大学の原発推進構造についての言及もありました。
全体的に荻野さんの博覧強記ぶりが目立った講演でした。

その後質疑応答が行われ、講演会は終了しました。とても充実した3時間半でした。
講演の内容は、何らかの形で公開できるようにしたいと考えています。ご期待ください。

最後に、当日ご参加いただいた参加者の皆さん、本当にありがとうございました。
私たちはこれからも日本から原発を全廃するため、取り組みを続けます。

当日の写真をいくつか掲載します


東大路の立て看板 目立ってます
PB231017


会場の建物の垂れ幕。作成した学生諸君、お疲れ様でした
PB231022

23日から開催されていた原発展。500名以上の来場がありました
PB231030

日隅さんの講演風景
PB261056

荻野さんの講演
PB261073


質疑応答の模様。お二人ともいい顔してますPB261090

PB261098




反原発連続学習会

12月11日(日)  原発労働者

場所はひとまち交流館2Fのロビーかミーティングルームです。

時間は午前10時からです。よろしくお願いします。





==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian1@livedoor.com

==========================