10月21日に毎年恒例の反戦集会に参加しました。
正確には「変えよう!日本と世界 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都」
場所も同じく恒例の円山野外音楽堂。
参加者は750名、天候に恵まれ気持ちよく集会を満喫できました。
GEDC0981
共同代表の仲尾宏さんのあいさつ

GEDC0984

続いて各地からの報告。
最初に沖縄平和運動センターの大城博治から。
オスプレイ反対闘争など沖縄の闘いを熱く訴えました。
「鬼畜米英」との戦いを強要し、戦後は沖縄を人身御供に対米従属一辺倒の政府のでたらめさを
痛烈に批判しました。本当に熱い報告でした。

GEDC0985

次に福島から武藤類子さんの報告。
「福島復興キャンペーン」と現実の乖離を体験している武藤さんは、原発事故の責任追及のために、
東電など関係者を刑事告訴します。
現在7500人が告訴人になっており、その数をさらに増やしたいと訴えられました。

GEDC0987

つづいて大飯町の僧侶・宮崎さんの訴え。
福島事故後、大飯町の人々の意識は少し変わったように思ったが、再稼動後は元の大飯町に戻ったように思えるとの話が印象に残りました。

その他、経済産業省前テント村の報告、大阪からのアピール、大飯町のトンネル封鎖闘争の報告がありました。
 
 報告の後は音楽。
おなじみのチョウパギさんの歌を聞きました。
GEDC0994
黒のgibson j-200と趙博さん。似合ってます。



GEDC1004
GEDC1009

メインの講演は金子勝さん。
多くの笑いを取り、アジりまくり、ノリノリでした。
原発は電力不足問題ではなく、経営問題。
関電は老朽化原発を多く抱え、まさに「ミニ東電」。社会的に処理しなければならない企業。
原発を続ける事を望む勢力がこれまでの既得権にしがみつき、抜け出せない。
日本は原発を続けていく限りダメになる国、と断定しました。
もっと聞きたかったですが、40分ほどで終了。
GEDC1010

恒例のインター斉唱でしめくくり、デモへ。

GEDC1013
GEDC1016

四条通から河原町通りを北上して市役所前まで。
報告、講演ともに中身の濃い集会でした。

==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian1@livedoor.com

==========================