4月6日(日)午前10時からアジェンダ・プロジェクト・京都の定例学習会を行いました。
今回は雑誌「アジェンダ」の最新刊、44号の特集を取り上げました。
脱原発が特集のテーマですが、その中から原発事故時の避難計画についてとりあげました。

39





















大飯、高浜など若狭湾の原発から30キロ圏内の自治体では、事故時の避難計画の策定が進められており、舞鶴や宮津などが圏内となる京都府もそれに関わっています。
避難民の受け入れ先の確保や避難中継所の設置、住民の移送計画など、放射能汚染を調べるスクリーニングなど多岐にわたる業務があり、そのほとんどを自治体の職員が担当しています。
人員の不足等もあるとは思いますが、計画はほとんどが未確定なままです。
避難手段についても渋滞を緩和するために、自家用車の使用を控えるとしていますが、代替のバスの手配については、いまだにバス協会に話しを投げている段階だったり、避難先が決まるまでの中継所も正式に決まっていなかったり、といった状況です。
これでは到底住民の安全は守れません。
自治体の方でも、避難計画の不備であることは認めており、京都府、市ともに若狭の原発の再稼動には否定的です。地元自治体とも手を結んで再稼動に反対していければ、と思います。

午後は署名活動とデモに参加しました。
署名は、Xバンドレーダー基地建設に反対するもの。20日には当会メンバーも現地に向かいます。
デモは秘密保護法に反対を訴えるものです。
三条河原に集合して円山まで歩きました。
統制のとれたコールがとても心地よいデモでした。観光客があふれていた繁華街で、いいアピールが出来たと思います。
SN3J0152-1.jpg を表示しています




==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian1@livedoor.com

==========================