1月31日、アジェンダプロジェクト京都の定例学習会を行いました。
今回は、増田寛也著「地方消滅ー東京一極集中が招く人口急減」の内容を報告し、参加者で議論しました。
これは「増田レポート」で知られる報告書を本にまとめたものです。 東京圏への人口流入は地方からの流出とその結果が「地方消滅」です。今後も人口移動が続いた場合、896の自治体が「消滅可能性都市」で、そのうち523は深刻だということです。
こうした状況を回避するのためには、戦略的に一極集中化を押さえ込み、地方の人口移転を促さなければなりません。
本書では「地方中核都市」を選定し、そこに資源や政策を集中的に投入してそれに接する周辺地区が有機的に結びつく構想を打ち出しています.
そのための具体例として、大学の移転、土地取得の優遇税制、若年層の就農援助などをあげています。
そうして人を増やすなかで、消費が生まれ、産業が起き雇用もつくりだされるとしています。

先日の報道では昨年の各地域の人口移転は、東京圏のプラス12万人が突出し、他のほとんどの地域がマイナスとなるなど、一極集中化は進んでいます。
中央の官僚達の抵抗も強く、消費者庁や文化庁の地方移転は、難航が予想されます。
なかなか解決策を出すのは難しいですが、これからも考えていくべき課題だと考えます。




次回
学習講演会 TPP「大筋合意」?!何が、どこまで決まったの?
日時  2月21日 13:30 

場所  京都大学吉田キャンパス吉田南構内(京都市左京区)

         総合人間学部棟 1104教室(1F 
講師  武田かおり さん (NPO法人AMネット事務局長)


==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================