4月10日、近鉄「東寺」駅前で、アジェンダ・プロジェクト京都の署名活動を行いました。戦争法廃止を求める統一署名です。ビラを配り、署名への協力を呼びかけました。署名数は、既に500万筆を超えているそうです。

署名活動の後、定例学習会がありました。
テーマは電力自由化についてと、原発再稼働をめぐる情勢。簡単に内容を紹介します。

4月1日から電力の小売り全面 自由化が始まり、一般の家庭でも電力会社を選べるようになりました。新電力から次々と料金メニューが発表され、安さやサービスに注目するものが多いなか、今後、再生可能エネルギーを重視する電力会社にどれだけ振りかえられるかが重要になります。しかし電力小売り営業指針では、電源構成などの情報開示について「望ましい行為」とされていて、開示は義務ではありません。このため、それぞれの新電力が再生可能エネルギーの発電設備からどの程度調達しているのか、一般消費者には分かりにくくなっています。限られた情報の中、どの新電力が再生可能エネルギーを重視しているのか、関西地方では実際にはどこに乗り換えればよいのかについても考えました。再生可能エネルギーを重視している新電 力であっても、足りない分を確保するために、卸電力取引所からの調達(買った電気は通常どこの電気か分からない)の割合も多い新電力もあり、現実的には、再生可能エネルギーから調達したくても現状では再生可能エネルギーの発電設備自体の割合が少なく調達が難しいのではという側面も見えてきました。今後、再生可能エネルギーの発電所をさらに増加させていく必要があります。

その後、原発再稼働をめぐる最新の情勢についても確認しました。福島原発事故の被害が続いている中で、電力会社・原子力ムラの利益のために住民の安全を犠牲にした再稼働・原発維持。原発輸出で巨額のカネを動かす原発メーカー。原発にたまり続ける使用済み核燃料。問題だらけです。



==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================