3月31日と4月21日はどちらも外国の状況をその地域の出身者の方に発表してもらいました。
レバノンは多様な民族が共存する国で、うまくやっていくための仕組みなどを説明してもらいました。
市民の日常生活も紹介していただき、レバノンについての知識が深まりました。

4月21日はEUについての報告です。
内容はEUの中央機関と議会の選挙、予算と会計などについてです。移民と難民問題、イギリスのEU離脱問題。など多岐にわたることについて話し合いました。
EUが作られていった歴史の解説があり、経済的な取り決め(石炭共同体)から始まり、加盟国を増やしながら現在のEUに発展していきました。
つづいてEUの機関についての説明がありました。
司法裁判所、欧州議会、理事会、などが存在し加盟国から人員が出され運営されています。
ブリュッセル、ストラスブール、ルクセンブルクの3つ都市に機関の本部が置かれています。
欧州委員会はそれぞれのテーマ(農業、商業、工業、教育など)ごとに専門の委員がいます。委員会は唯一法律を提案できる大きな権限を持っています。法律は議会や理事会などを通し、多くの課程を経て作られ、時間がかかることが特徴のようです。
地域の人々の意見を反映するための諮問機関である地域委員会というものがおかれており、欧州の地方自治体の代表者で構成されています。
市民による欧州委員会への直接的な発議も認められており、7つの加盟国で100万人の署名を集めることで可能になります。2012年以降、4つの発議が行われています。
欧州議会の議席は加盟国の人口に比して配分されており、キプロスなどの小国に対しては相対的に多くの議席が与えられるなど一定の配慮がなされています。
EUが加盟国に与えている恩恵については、地域間の開発不均衡の是正のための基金、農業補償金、農業開発のための基金、雇用・教育の機会の均等化のための基金、漁業分野への支援と漁業資源の管理などがあります。

学習会では、統一通貨のユーロの功罪、多くのEU離脱派を抱える原因となっている難民・移民問題についても現状を確認し、話し合いをしました。
大きく報道されることのないEUの内実を知ることができた有意義な学習会でした。



==========================

アジェンダ・プロジェクト・京都
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
携帯 090-9998-9245
mail zetian78@gmail.com

==========================